お歳暮 かに

定番素材で和風献立

自分で作れるお魚料理としたらサバの味噌煮や竜田揚げ、夕食のメインにするなら十分なボリューム感になります。どちらを作るのでもショウガは必要で味噌煮ならばスライスして煮込むときに、竜田揚げならばショウガをすってお醤油などと下味に使います。

 

味噌煮にするには野菜でネギも、数センチにして味噌味で煮込めばとろっと柔らかくなってこれもいい味

 

 

味噌と合わせるのに甘味でみりんは使いません。


サバの味噌煮をおいしくするのに数回作りながらこれというのが味噌にお砂糖、料理酒、レシピを見れば定番ものでもいろんな料理法があるでしょうけれど、味よければというもの。一緒に煮込んだショウガのスライスはサバの臭みに使うものという感じですが、

 

 

盛り付けるときにはサバとネギとお皿に。


サバは9月とか10月ころからが脂がのる時期で、サンマの旬もこの季節、これなら季節の風味そのままで丸ごと焼くサンマとか、丼用にかば焼きです。これならば味はお醤油に料理酒、少量のみりん、よいツヤになったらごはんにのせてサラダなどとさっぱりがいい献立。