贈答用の蟹で知っておきたい事

ズワイガニを選ぶポイント

北海道在住ですが、こちらでは毛蟹、タラバガニなどの高級な蟹よりも安く一般的で食べやすい蟹です。北陸では越前蟹と呼ばれ大きい物は高級品の様ですが、

 

北海道では余り贈答用では使うことは少ないのです。


本ズワイガニと紅ズワイガニの二種類が主に売られており値段も本ズワイガニの方が高いです。身入りや大きさも本ズワイガニの方が良いです。以前住んでいた北海道のある町では、活紅ズワイガニが生きたまま売られていて、

 

値段も一匹500円と安く地元民は自宅で蟹を茹でて食べていました。


通販でズワイガニの足だけ売られているかなり安い商品は紅ズワイガニかも知れません。蟹の食べ放題をしているレストランも使っていそうです。紅ズワイガニは実入りは薄いですが味はおいしいので自宅用では充分だと思います。

ズワイガニは理由は分かりませんがフジツボが沢山付いている物がおいしいとされています。足が何かの理由で1本取れてしまったものは品質は変わらないのに安く購入できます。その様な物を探すとお得です。手で持って重い物を選べば蟹味噌が楽しめます。

続きを読む

かにまみれのこだわり

「かにまみれ」は、訳ありの蟹を取扱わない数少ない蟹の通販

特に、「かにまみれ」は毛蟹に特化した通販なので3特、4特の毛蟹が超オススメです。ヤフーショッピングの「毛ガニカテゴリー」ランキングや「お中元売れ筋ギフト」ランキングでも「かにまみれ」の毛蟹は第一位に輝いているので安心して購入できますよね。

そして、ここで先程上述した3特・4特の蟹について少し説明したいと思います。これは、ズバリ蟹のランクに値します。

どういう事かといえばランクにより、身入りの量が全く違うのです。当然、ランク上位の3特・4特の毛蟹になれば身入りの量は当然多いという事はお解りですよね。まず、云える事は大きさがスーパーや量販店で通常見られるサイズとは全く違う事に驚かれるでしょう。

何故なら、よく目にするサイズというのは330gくらいの小ぶりなサイズが当たり前で食べる身があるのかどうかも疑ってしまいますよね。ところが、「かにまみれ」の毛蟹はというと800gが標準サイズで大きいサイズになれば1kgサイズもありますから当然、

 

身の入りも全く違う訳です。


また、小さいサイズとは一般的には若蟹や若上蟹と呼ばれ、脱皮回数が少ない皮が薄く水っぽいというのが特徴です。ですから小さいサイズの毛蟹は食べるところが無いと云ってもいいでしょう。

堅蟹って何だ?

しかも、脱皮回数の多い「堅蟹」の中でも3特・4特を自宅で食べれるという事は高級な料亭でしか味わえない感覚と同じだという事です。確かに、毛蟹が初めてという方よりは普段スーパーなどで購入経験がある方のほうが感動が大きいかもしれません。だからこそ、

 

毛蟹の購入で失敗経験のある方ほど「かにまみれ」をオススメしたいのです。


特に、身の入りの違いは勿論の事、かにみその量が違うのは当たり前ですが市販で見かける小サイズの毛蟹のかにみそとでは濃厚さも全く比べものになりません。しかし、かにまみれ」の場合、送料も別ですし他の蟹の通販に比べると割高に感じるかもしれません。

但し、送料別にしている理由も公式サイトで説明しているので納得できるまで読んで見て下さい。そんな「かにまみれ」でもお買い得なセットを見つけたので紹介したいと思います。

それは、毛蟹、タラバ、ズワイ、花咲の四大蟹のセットでなんと価格も税込の10,500円です。特に希少価値の高い花咲蟹までセットに含まれているのが魅力ではないでしょうか。だからといって、訳ありや粗悪品のセットではないらしいので安心して検討して下さいね。

続きを読む

かにの旬が味に与える影響

取寄せるならできれば旬時期の蟹がベスト

美味しい料理を食べるために時期を判断するのは重要です。かには旬の時期も決まっているので調べることが大切になります。今では様々な場所で最高のかにを提供しています。

 

インターネット通販では常にかにを買える状態になっています。


そこでは旬を意識して購入すると良い味に出会えます。またかにの旬には多くの店がセールなどを開催するので分かりやすくなっています。最高の状態のかにを食べるなら

 

旬を見極めることが必要です。


場合によってはかにの旬をプロに聞くことも有効になります。かにを扱っている店ではプロの人間がいるので手軽に聞けます。それらの情報があるだけで理想的なかにを食べることは容易になります。

日本では非常に豊富なかにの種類があるので細かく調べると個人のメリットになります。結果的にかにの旬は味を求める人間にとって重要な基準になっています。旬と呼ばれる時期に当てはまるカニの種類で云えば、ズワイガニが該当します。

何故なら毛蟹は水揚げされる海域で旬の時期が違うので年中旬の品質のものを購入できる唯一の蟹です。

同様にタラバガニは希少ですが、ほとんどが外国産である為、旬の時期に限定はないのですが春夏にかけては販売していないショップが殆どないのでやはり秋冬に味わう蟹だと云えます。

続きを読む

▲ページトップに戻る